お花を贈る用途

フィオリーノでは、お花を贈る用途を分類すると18個になります。移転祝いや誕生日など、どのように分類できるのかを説明してまいります。

お祝いか仏事か

お花を贈る用途は、大きく分けて以下の内容に分けることができる。お祝いか仏事かである。それらをさらに分類していくと以下のように分けることができる。

お祝いの大きな分類

お祝いの用途では、以下の用途に分けることができる

  • 会社関連
  • 個人関連
  • イベント関連

仏事の大きな分類

仏事では、以下の 用途に分けることができる

  • 訃報(亡くなってすぐの場合)
  • 法要(亡くなって時間がたつ場合)

用途の細かな分類

上記の5つの用途をさらに分類してみる

  • お祝い
    • 会社関連
      • 移転祝い
      • 周年祝い
      • 設立祝い(開業・独立など)
      • オープン祝い(開店・開院など)
      • 就任祝い(昇格・昇進など)
      • 竣工祝い(新社屋落成など)
      • 退職祝い
    • 個人関連
      • 誕生日
      • 結婚記念日
      • 長寿(古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿)
      • 出産祝い
      • 受賞祝い(叙勲・褒章など)
    • イベント関連
      • パーティー式典(記念パーティー・表彰式など)
      • コンサート・ライブ・演劇(出演・公演祝い・楽屋見舞いなど)
  • 仏事
    • 訃報
      • 枕花
      • 葬儀・告別式
    • 法要
      • 周忌(49日・1周忌など)
      • お盆・お彼岸

大きくわかるとこのような用途に分けることができる。各用途ごとにより、届け先やお花を飾っておける時間などが異なり、それぞれに見合った商品を贈ることが多いです。また、地域の風習などもあるので、確認が必要な場合もある。

フィオリーノフラワーサービスでは、事前のお問合せには、もちろんお答えし、必要であれば、現地の風習やイベントの注意などの確認等も行っております。